事業案内

古紙の受け入れ・販売

受け入れ業務

古紙が大量に発生する地域を選定し、収集した古紙をお持ち込みいただきやすい場所に事業所を展開しております。(主な事業所は首都圏に5ヵ所:都心の目黒支店、東部の墨田支店、西部の高井戸支店、南部の京浜支店、北部の東京支店)
古紙を持ち込みいただく業者さまは、一般産業廃棄物収集運搬業者、古紙専門回収業者(集団回収業者含む)、リサイクル事業協同組合(行政回収)、一般近隣のお客様など様々です。
事業所での営業方針は安心・安全・迅速をモットーにしており、弊社従業員が誘導・荷卸しを行いお客様をお待たせしない努力をしております。

販売業務

各事業所で受け入れた古紙を事業所毎に選別仕分けし、梱包積込みを行って取引先である製紙メーカーの各工場に持ち込みリサイクルしております。 また近年ではコンテナ船に積み込んで中国・東南アジア各国への輸出も行っております。

断裁処理業務

主に出版社が管理している書籍・文庫・コミック・ムック等の中から、処分決定された本を製紙会社に引き渡し溶解処理を行っております。 出版社から処分を依頼された断裁本は当社指定の運送会社にて直接倉庫より引取り、製紙会社の工場に搬入してリサイクルする方法と、付録など禁帯品があり製紙会社が直接受け入れられない場合は、当社事業所に持ち込み仕分け作業を行い、禁帯品を取り除いた上で製紙原料としてプレスし、リサイクル処理を行う方法がございます。

出版物の返本業務代行・保管

  • 返本雑誌の取り扱い

    当社では、書店、コンビニなどから取次会社、即売会社へ返品される雑誌類の返品伝票の処理・現物のリサイクル処理等、出版者さまの各種処理業務を代行しております。
  • 出版物の保管

    出版社が発行する季刊誌等を取次会社から引取り、当社倉庫にて一時保管・検品し、要望により出版社の倉庫に搬入する保管業務を行っております

機密書類の取扱い

当社では原則自社回収は行わず持ち込みされた機密書類のリサイクル処理を行っております。

処理方法

  • 1.段ボールケース等に入ったまま持ち込まれた書類を当社各事業所構内にて社員が開梱し異物を取り除いた上でプレスし、大型トラックに積み込んで製紙会社に搬出してリサイクル処理を行います。開梱作業の際に混入していた異物(バインダー等)はお持ち込みいただいた業者様にお返しするか、産業廃棄物として処理します。
  • 2.排出先が段ボールケースを開梱せずに処理を希望される場合、製紙会社の工場に搬出先から直接お持ち込みいただき、立会いの下溶解処理する仲介業務も行っております。
  • 3.また、排出先の要望によっては弊社所有の破砕機を使用して破砕処理を行うことも可能です。
PAGETOP
Copyright © 東日紙商株式会社 All Rights Reserved.